NO IMAGE

JYUYON 14 Winter Camp@2021.12/26-12/27

14として初めてのキャンプを開催いたしました。

当日は寒波もあり雪と寒さの中での開催となりました。

「1日目」

兵庫県の川西市を拠点に活動されている「グスターレサッカースクール」と合同合宿ということで

初日はグループ分けをしてトレーニングを行いました。

「パス」「ドリブル」「対人」「シュート」の4ブースに分かれてTR

吹雪の中、室内に戻って休んでまたプレーしたりもありましたが

選手はみんな「上手くなりたい」という意識で取り組んでくれました。

最後には対抗戦を行いました。

普段対戦することのない選手達なのでたくさん刺激ももらいながらプレーできたと思います。

トレーニング後は暖かいお風呂に入り洗濯物を自分で干したり「自立心」を養いました。

夕食は管理栄養士さんによる栄養満点のご飯をいただきました。

みんな、たくさんおかわりしていました!

苦手なトマトにも挑戦!!

夕食後は管理栄養士さんによる「栄養講座・勉強会」を行いました。

グループ分けをしてクイズ形式で栄養について勉強しました。

サッカーの上達に身体の成長、食事は欠かせません。保護者さんにご飯を作ってもらい食べるだけではなく

何を食べると疲れが取れるのかなどを自分で考え・理解することが大事になります。

そういった機会になってもらえたらと思い取り入れさせてもらいました。

その後はビンゴ大会!

各スクールで景品を用意しました。

色んな景品をビンゴした人から選んでいました!

すごく楽しそうでした!

☆景品を持って記念撮影!

ビンゴ大会のあとは就寝準備をして2日目に向けて就寝です。

雪の中でのトレーニング、勉強会、ビンゴ大会などで疲れていたこともありぐっすり寝ていました。

__________________

「2日目」

起床して先ずは朝食をとりました。ゲームに向けて頑張ってたくさん食べていました!

2日目はスキルコース(低学年)とタクティクスコース(高学年)に分かれて対抗戦を行いました。

普段一緒にプレーすることのない東近江校と近江八幡校の選手達もコミュニケーションを取りながら試合を行いました。

グスターレさんも特に低学年のレベルが高く少し点差をつけられて敗戦するゲームがありました。

負けて悔しく泣いている選手もいましたがそこからどうするか。

負けてその時悔しいだけで終わるのか。

常にその悔しさを持って上手い人よりも練習するか。

その時だけ悔しい。で泣いているだけでは変わりません。

そのあとが大事です。

その後の行動が変わらなければ今後もまた負けて悔しく泣くことになると思います。

こういう経験を経て選手本人がどう行動するかで1年後、2年後に差になります。

その部分を選手にさらに問いたいと強く感じました。

今回のウィンターキャンプでは雪と寒さが厳しかったこともあり

なかなか細かいトレーニングなどは行えませんでしたが

この雪と寒さの中で「上手くなりたい」と真剣に取り組むことでの精神的、人間的な成長ができたと思います。

こういった経験も選手達には素晴らしいものになると感じています。

対抗戦を行なったあとは昼食!

ご飯を食べてお世話になった栄養士さんとスタッフ全員で記念撮影!

_________________

このウィンターキャンプでJYUYION14サッカースクールの年内の活動は終了となります。

キャンプ前は親元を離れるのが初めての選手もいたりなど不安な点もありましたが

みんな楽しそうに過ごしてくれました!

この経験で人間的に成長してくれることを期待しています。

キャンプを開催するにあたりお米や野菜の差し入れや急遽新聞紙なども用意してくださった親御さん本当にありがとうございます。

送迎に関してもお忙しい中ありがとうございました。

代表 國領

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

JYUYON 14 SOCCER BLOGの最新記事8件

NO IMAGE

お問いわせはこちら

無料体験・入会・スポンサー等はお問い合わせ下さい

CTR IMG