NO IMAGE

2022.9/9@東近江校

スキルコース

・W-UP

・1vs1

・2vs2

・GAME

今回は対人をたくさん行いました。

狭いスペースからスタートし徐々に広げていきボールタッチの感覚を研ぎ澄ましてもらう目的で行いました。

その際にDFの強度も求めました。DFのプレスが緩い中では簡単にプレーできます。試合で相手が速いプレスをかけてきた時に慌てない為にトレーニングからそれ以上のスピードに慣れる必要があります。

攻撃側が試合で余裕を持つためにもDFのプレスも大事になってきます。

実際に少しトラップが大きくなると奪われたりするシーンが多かったです。じゃあどうしないといけないのか。トラップの置き場所は?相手がプレスを早くしているなら1タッチで交わす。など次のステップも説明しながらおこないました。

__________________

タクティクスコース

・4:2 or 4:1 ロンド

・5:3 ポゼッション

・GAME

ロンドでは相手がいる実践の中で「止める」「蹴る」をこだわってもらいました。普段パストレーニングなどを行いますが実際に相手がいる状況で使えてこその技術です。ミスが多いということはまだまだ取り組まないといけません。僕の考えですがドリブルよりもパスやトラップの方が試合中行う回数は多いです。なのでしっかりと身につけれるようにアプローチしてあげたいと思います。

ポゼッションではより良い場所(ポジション)に立つこと。その中で相手の奪い方によってできるスペースを感じることを目的としました。選手には話しましたがかなり高度な難しいことに取り組んでいます。ただこの年代から「頭」を使ってプレーすることはこれから先、周り選手より有利になると伝えました。同じ技術、体格の選手との差をつけるためにも考えてプレーすることができるようになってもらいたいと思います。

送迎等ありがとうございました。

代表 國領

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

JYUYON 14 SOCCER BLOGの最新記事8件

NO IMAGE

お問いわせはこちら

無料体験・入会・スポンサー等はお問い合わせ下さい

CTR IMG