NO IMAGE

2022.9/20@近江八幡校

スキルコース

・W-UP ステップバランス

・ボールの受け方(バックステップによるスペースの確保)

・ボールの受け方→判断ドリブル

・三角形パス

・ゲーム

前回に引き続きボールを受ける前の身体の向きとスペースの確保を取り組みました。

その次にバックステップで身体の向きを作った中で相手DFがどちらから来るのかによってドリブルする方向を判断してもらう試合で起こり得る判断の要素を加えたトレーニングを行いました。

この判断を取り入れたトレーニングが凄く大事になります。

最後のゲームでは前回から取り組んでいる受ける前に相手がいなければボールを流して身体の向きを作る動作がスムーズにできていましたしその回数が増えてきています。

トレーニングしたことがゲームで出ると選手達も凄く楽しそうにプレーしていました。

こちらとしてもいかに楽しませながら上達させるか。の部分の要素を取り入れながらこれからも取り組んでいきたいと思います。

__________________

タクティクスコース

・4:1 or 4:2 ロンド

・5:3 ポゼッション

・3ゾーン前進

・GAME

日に日にボールを受ける位置、パスの意図、相手のプレスの矢印を感じながらプレーできるようになっています。

どこで受ければいいのか。どこに立てば周りにどういった影響があるのか。頭で理解しながらサッカーができるようになりますし既に何名かの選手は周りを見て相手が自分にプレスにきた時にできるスペースを感じ始めています。素晴らしいと思います。

もしかすると小学生年代でのサッカーでは今取り組んでいることが効果として実感できる場面は多くないかもしれません。

ただこれから先、中学・高校とより身体のサイズや技術の差も拮抗してくるカテゴリーになったときに求められる部分として「ポジショニング」があります。それを今の年代から取り組んでいるだけで「差」になりますしそういった頭を使ってサッカーをしないといけない年代になったときに既にポジショニングの理解があればスムーズにプレーできるはずです。技術を磨くと同時にそういったことに重点を置いて取り組んでいきたいと思います。

今回も送迎等ありがとうございました。

代表 國領

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

JYUYON 14 SOCCER BLOGの最新記事8件

NO IMAGE

お問いわせはこちら

無料体験・入会・スポンサー等はお問い合わせ下さい

CTR IMG