NO IMAGE

2022.9/2@東近江校

スキルコース

・W-UP ステップ&バランス

・ボールタッチ

・1vs1

・パス&コントロール

・GAME

前回に引き続きボールタッチの部分と1vs1の仕掛け方について意識しながら取り組みました。ボールを失うときに圧倒的に多いシーンとしてはボールが身体から離れて大きいタッチになっているときです。

ボールを失わないようなタッチの細かさやボールの置き所を引き続きトレーニングしていきます。

パス&コントロールでも今まで取り組んできた部分を復習し、正確に「止めて」「蹴る」ができるように。GAMEで特によくあるシーンとして敵や味方のことがあまり見えていないのにも関わらずなんとなくパスやシュートを打つことです。サッカーは常に状況によって選択肢が変わるスポーツなので柔軟に対応できるようにならないといけません。

その辺りを判断出来るようになるためにもスキルの習得が大事になりますし頭でも理解できるようになること。そうすればスキルの重要性を感じ基礎トレーニングでも意識高く取り組めるはずです。

__________________

タクティクスコース

・♦︎パス

・6:2 or 5:2 ロンド

♦︎パスではオープントラップと今回は「予備動作」をトレーニングしました。

予備動作とはボールを受ける前に相手と駆け引きすることです。ボールを持っている選手に対して最初からボールを足下で受けようとしかしない選手はDFからすれば狙いやすくなります。ですが最初は裏のスペースでもらおうとする動きがあるとDFは裏の対応をしないといけなくなります。そうすると足元で受ける時間とスペースができます。受ける前の予備動作。予備動作を聞いたことがある選手を聞きましたが全員が初めてだったので予備動作をするタイミングなどを説明しながら行いました。来週以降も取り組んでいこうと思います。

ロンドのトレーニングでは意識して取り組んでいる選手・取り組んでいない選手の差がハッキリ出ました。

サッカーは楽しむことが大事ですが「楽しむ」と「ふざける」は紙一重だと思っています。レベルの高い状況でのパス1本通すか、通せないか。パスのつける足、スピード、トラップの置き所1つで勝負が決まります。そういう状況でトレーニングできているか。そのギリギリのところで楽しんでいるか。

見ていればすぐわかります。

最初はなかなかパスが繋がりませんでしたが指摘した後すぐに何本も繋がるようになりました。意識の差だけでこれだけ変わる。

みんなには試合で上手くいかずに諦めてほしくありません。僕は上手くなる・勝つことに偶然はないと思っています。日々の積み重ねが試合に出ます。中途半端にやっていたら負けるし悔しくもない。そんな選手にはなってほしくないのでトレーニングから本気のアプローチをしたいと思います。

今回も大雨の中、送迎等ありがとうございました。

代表 國領

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

JYUYON 14 SOCCER BLOGの最新記事8件

NO IMAGE

お問いわせはこちら

無料体験・入会・スポンサー等はお問い合わせ下さい

CTR IMG