NO IMAGE

2022.9/13@近江八幡校

スキルコース

・バックステップコントロール→ドリブルシュート

・バックステップコントロール→1vs1

・三角形パス

・GAME

今回は普段ドリブルやパス、トラップなど分けて一つ一つトレーニングしているところをまとめて試合をイメージして連続して取り組みました。受ける前のステップから身体の向き、ドリブルの流れからシュートを行い、その後その流れのまま1vs1をしました。

三角パスではトラップに角度がつくのでその際に意識するポイントとパスを出すときに気をつけるポイントなども説明しながら取り組みました。GAMEは味方と被らないポジションを取ることで相手が出て来ればフリーになる選手ができる。あとはその選手をパスで使うのか、顔を上げて使う仕草をすることで相手がパスを読んでくればドリブルをするのか。の判断を求めました。サッカーは必ずパス、必ずドリブルという状況はなく、そのときその時で正しい判断は変わるのでしっかりとポジションを取ったり顔を上げた中でそのときに正しい判断ができる柔軟性をもった選手になってもらいたいと思います。

タクティクスコース

・4:1 ロンド

・5:3 6:3 ポゼ 切り替えあり

・3ゾーン前進後ゴール

・GAME

ロンドでは複数のルールを決め相手のDFの奪い方次第で判断を変えるトレーニングをしました。同じ選手とパス交換連続で6本つながれば貯金1。または受けた辺から対角のラインをドリブル突破でも貯金1。この二つを相手のDFによって使い分けてもらいました。

ポゼッションでは3枚いるDFに対して誰が奪いにきて誰がフリーになるのか。どこにスペースができるのか。を考えながらボールを奪われないようにしてもらいました。

3ゾーン前進のトレーニングでは攻撃側が1人多い中でフリーになる選手、空いてくるスペースを感じながら前進を意識しました。フリーの選手を作るためにも動きすぎずに「止まる」ことも大事になります。最後のゲームは3ゾーン前進でやったことを意識してもらいながら行いました。特に高学年の選手は今、多少ミスしたり考えずにポジションを取って奪われそうでも身体の大きささフィジカルでごまかせてしまいます。ただこれから中学、高校とサイズでごまかせられなくなったときに困って欲しくないのでもっともっと立ち位置と思考スピードを上げてもらいその中で技術を向上してもらいたいと思います。それを今から意識して取り組めば必ず「差」になります。もっとこだわってもらいたいと思います。

今回も送迎等ありがとうございました。

代表 國領

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

JYUYON 14 SOCCER BLOGの最新記事8件

NO IMAGE

お問いわせはこちら

無料体験・入会・スポンサー等はお問い合わせ下さい

CTR IMG