NO IMAGE

2022/7/1@東近江校

スキルコース

・W-UP

・ドリブル

・ドリブル競争

・1vs1-2vs2

・2vs1-3vs2

暑さもかなり強かった中で集中力が持続しやすいよう、こまめに水分補給を行ったりゲーム制を取り入れた中で技術の向上を促すトレーニングを中心に行いました。

最後のゲーム形式のトレーニングで、「相手が奪いに来た瞬間を観て交わす」ことを意識してもらいました。

ドリブルは先手を取ることも大事ですが、相手の奪いにくる瞬間を逃さずカウンターのように相手の重心の逆手を取ることで特にフェイントも必要なく相手を交わすことができます。スピードがなくても身体が強くなくても相手のプレッシャーの矢印の逆を取ることができれば交わすことかできます。

「逆を取る感覚」を身体で覚えてもらえるようにこれから継続的にアプローチしたいと思います。

__________________

タクティクスコース

・ダイヤモンドパス♦︎

・2:2:2 切替ロンド

・ゲーム

オープントラップに取り組んでから4回目のトレーニングですが、当初に比べると格段に成長していると感じます。

ロンドやゲームの中でも左から来たボールを逆の方向へ1タッチでオープンに置き展開するシーンが増えてきています。

今回はそれプラスで試合を想定して相手を揺さぶる遊び球を入れることを取り組みました。

遊び球とは、パスを出す味方にマークがつかれている選手に対して速いパスではなく、あえて相手を吊り出す為の緩いパスのことを言います。

パスの強弱で相手を動かす。ということも意識してもらいました。試合中味方が相手にマークされている状態で速いボールを出すと味方が苦しい状況になります。

その時に「出し手」がいかにパスでメッセージを与えるか。あえてターンをさせないパスを出してあげること。

細かい技術の部分を取り組みました。

味方への相手のDFの状況によって速いパスなのか弱いパスなのかを考えて出す。

そういった習慣が試合でのちょっとした場面で相手との差になります。

すぐには効果は出ませんし、目に見えづらい部分ではありますが物凄く相手にとっては嫌なプレーができるようになります。

来週もよろしくお願いします。

送迎等ありがとうございました。

代表 國領

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

JYUYON 14 SOCCER BLOGの最新記事8件

NO IMAGE

お問いわせはこちら

無料体験・入会・スポンサー等はお問い合わせ下さい

CTR IMG