NO IMAGE

2022.4/29@東近江校

スキルコース

・W-UP バランス&体幹

・ドリブル

・パス&コントロール

・2vs1 シュート

W-UPでは片足でのバランスや体幹を行いました。

技術の向上と共に身体的にも怪我をしない身体作りなども取り組んでいきます。

ドリブルは「細かく」「速く」「顔を上げる」「重心移動」を心がけ様々なタッチ制限の中で行いました。格段に数ヶ月前よりは成長しているので継続していきたいと思います。

パス&コントロールでは今回はダイレクトパスのボールに足を当てる位置を意識してもらいました。どうしてもダイレクトになるとボールが浮いてしまうのでボールを足に当てるポイントを少し上にずらす。

そうすることでダイレクトでも浮かさないようになります。

2vs1では相手を観ながらドリブルかパスの判断ができるように。

全てのプレーは相手次第だということを意識してもらいながら取り組みました。

_______________

タクティクスコース

・W-UP バランス&体幹

・4:1 or 3:1 ロンド

・2:2+2フリーマン

スキルと同様にフィットネスの部分を行った後にトレーニングに入りました。

4:1 ロンドではまず思い通りの場所にボールを「止める」こと。その中で相手が奪いにきているなら「ダイレクト」も考えておく。相手が来ていないなら止めて相手をどう奪いにきているか観る。

その中で味方へのパスのつける足や出す強さまで考えてあげること。

高い意識の中で取り組めました。

2:2+2フリーマンではフリーな選手に対してのポジショニングをトレーニングしました。

やはりみんなボールのある方に寄って行ってしまいます。寄るとどうなるか?

相手も寄ってきて狭い中で味方も相手もいる状況になってしまいます。

そうなると奪われる可能性が高くなります。

味方がフリーなら離れる。離れた上でボールが受けられる正しいポジショニングを取ると相手がボールを持っている選手にプレスに来たら自分がフリーになります。自分にパスがつながれば試合ならば前を向くことができチャンスになります。

そういったことを説明しながら頭を使ったトレーニングを行いました。ミスもたくさん起きました。

選手にはこういう考えの中でサッカーをし、その中でパスがずれないようにだとかトラップを正確にする為に常に基礎練習でもなんとなくやるのではなくこういう場面を想定して取り組んでほしい。と伝えました。いつ、どの場面で何の為に基礎トレーニングをしているのかを伝えることで基礎トレーニングでも意識高く取り組んでくれるようになると良いなと思います。

今回も送迎等ありがとうございました。

代表 國領

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

JYUYON 14 SOCCER BLOGの最新記事8件

NO IMAGE

お問いわせはこちら

無料体験・入会・スポンサー等はお問い合わせ下さい

CTR IMG