NO IMAGE

2022.10/28@東近江校

スキルコース

W-UP ステップ

ボールタッチ6種目→リフティング

1vs1

対面パス

GAME

今回で10月が終わり11月に入ります。

指導内容も夏から秋にかけては「運ぶ」部分を中心に行なってきました。ここからは「止めて」「蹴る」部分のトレーニング時間を少し増やしていきたいと思います。正しいトラップ、正しいキックフォーム、足だけで蹴らず身体全体を使って蹴る。遠くに飛ばしたいからか、良く足だけで遠くに飛ばそうと沢山練習する選手がいますがそれは将来的に怪我につながります。しっかりと正しいフォームでボールを蹴り続ければ怪我はしないし無理に飛ばそうとしなくてもまずはボールの中心を捉えること。そして身体全体を使って蹴る癖がつけば自然と強いパスやシュートが打てるようになります。その辺りのアプローチを今後増やしていきたいなと思います。

__________________

タクティクスコース

ボールタッチ

♦︎型パス 

■型パス

GAME

パス&コントロールに時間を割きました。

試合を想定した♦︎型でのパス&コントロールの中で速いパス、弱いパス、それぞれのメッセージと意図をパスで伝えられるように。感じられるように。狭いエリア→広いエリアに広げてキックの距離も伸ばしながら行いました。

GAMEでは3ゴール+パス7本でも1点のルールにし得点の手段を4つに増やして行いました。意図としては常にどのゴールが奪いやすいか。を考えながらプレーしてもらう癖をつけることです。簡単に言えば駆け引きを身につけて欲しいと思います。試合ではゴールという一つの目的しかありませんがそこに向かう手段の中で中央を攻めるのか、サイドを攻めるのか。そこに向かうためにドリブルなのか、パスなのか。それは相手のDF次第になります。

相手が中央に3.4人いるのに真ん中を突破しようとするのか冷静に周りを観てサイドが空いているならサイドへ展開するのか。こういった駆け引き、プレーができるようになるために行なっています。

一つのプレーだけにならないように。常に柔軟に状況をみて相手の嫌がるプレーをできるように。

今回も送迎等ありがとうございました。

代表 國領

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

JYUYON 14 SOCCER BLOGの最新記事8件

NO IMAGE

お問いわせはこちら

無料体験・入会・スポンサー等はお問い合わせ下さい

CTR IMG