NO IMAGE

2022.1/21@東近江校

スキルコース

・リフティング

・ボールタッチ

・ドリブルターン

・1vs1 2ゴール

普段はあまり取り組まないリフティングを行いました。

10分間行いましたがその10分で最高記録を出す選手もいましたしそれに近い記録を出す選手もいました。

もちろん人によって意識するポイントやコツは教えましたがそれでも10分です。

たった10分でも本気で集中して取り組めば効果は得られます。

リフティングに関しては1人で家でもできます。

それを後はやるかやらないか。それだけで周りと差はつくということを伝えました。

ドリブルターンに関してもコツを教えると最後の方にはある程度できてきていました。あとはこれを試合で発揮できるくらいのものにするには更なるトレーニングが必要になります。これもやるかやらないか。やった選手は次の週には自分のものにしている。必ず自分のものにしてもらいたいと思います。

——————————–

タクティクスコース

・リフティング

・ドリブル&パス

・パス&コントロール

・4vs1 制限あり

タクティクスでもリフティングを行いました。

少し気になったのが苦手な選手ほどなかなかリフティングをしない前向きにチャレンジしない傾向が気になりました。

苦手かもしれないがチャレンジしないと成功はない。

メンタル的な弱さも感じられたのでそこに関してもアプローチしていきたいなと感じました。

4vs1ではパスでもOK、ドリブル通過OK、スイッチもOKの中での判断が入ったトレーニング

3つ選択肢がある中で何を選択するのか。自分のやりたいプレーではなく相手の守り方によってプレーの判断を変えること。その部分を求めました。

スキルをそういった状況下の中で発揮できるように。

「相手の逆を取ること。」

身体が大きくなくても足が速くなくても逆を取れれば試合で活躍できるし、今身体が大きい選手も足が速い選手も力ずくでプレーをするんじゃなく相手の逆を取ることができるようになればもっともっとプレーの幅が広がり自分の特徴も活かせます。

そして今の年代からそのことを意識してサッカーをしているかしていないかでは5年後、必ず差になります。今はなかなかわかりづらいかもしれませんがこれは経験として断言します。これからも継続していきたいと思います。

今回も送迎等ありがとうございました。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

JYUYON 14 SOCCER BLOGの最新記事8件

NO IMAGE

お問いわせはこちら

無料体験・入会・スポンサー等はお問い合わせ下さい

CTR IMG