NO IMAGE

2021.11/12@東近江校

スキルコース

・ドリブル

・ボールキープ

・1vs1

いつも通り細かく早くたくさん触ることを意識してもらいました。

ボールキープも取り組みました。

自分より身体が大きい相手や、体勢が悪い状態の時には相手から自分の身体でボールを隠すことが大事になります。

試合では全てが前向きでドリブルを仕掛けられる状況ではありません。

ゴールに対して後ろ向きでボールがきて相手が寄せてくる場合もあります。

その時にボールキープという選択肢も1つ持つことが大事です。

自分より身体が大きい相手に対してもボールキープができれば簡単にボールを奪われることはありません。

上手く腕や身体を使いながらキープすることトレーニング

その中で1vs1を行いました。

キープをしながら指定された方向へ

トレーニング中でも良くなっていきました。

継続して取り組みたいと思います。

_________________

タクティクスコース

・パス&コントロール

・ワンツー

・2vs1 キープ

・ゲーム

パスの正確さと受ける前の準備

苦手な足でも取り組んでもらいました。

やはり逆足だとなかなか上手くボールが蹴れない選手が多かったです。

でも、大丈夫です。続けて取り組めば年明けには成長します。継続して取り組みます。

ワンツーに関しては相手が食いついてくることをイメージして取り組んでもらいました。

ワンツーした後のパスの重要性も伝えました。

雑にならない。丁寧に。

ゲームでは、片方のチームが大差をつけて負けました。

すると負けたチームの選手が悔し泣きをしていました。

「負けたことが悔しい」

そう言っていました。

その選手達に伝えたことは

負けて悔しいのは問題ない。

当たり前だし、本気で取り組んだ中で泣くぐらい悔しいと思うことは素晴らしいことだと。

でもその悔しさをただ悔しかった、で終わらすのか

次は絶対勝つ

みんなより上手くなる

そう思って実際に行動に移せるか

どうやったら次は勝てるか

上手くなれるかを

「考えること」

練習の中でも本当に上手くなってやる

そう思ってコーチ達が言っている一言一言を逃さず、トライできるか。

それが1番大事だということを伝えました。

選手達はサッカーが楽しくて始めて

でもいつしかできないことが出てきたり

負けることもあったり

うまくいかないこともあったり

サッカーを通して悔しい経験をたくさんしていると思います。

そこでどうすれば良いかを「考える癖」を

サッカーを通して身に付けて欲しいと思います。

壁にぶつかっても逃げずに

考えて立ち向かって行く。

それでも上手くいかず

色んな人のアドバイスももらいながら

乗り越えて行く。

そういう時ってめちゃくちゃ嬉しいんですね。

そういう成功体験を通して人としても成長できると思います。

この先の人生で上手くいかないことがあっても自分で考えて行動してみる。

助けを求めてみる。

協力してもらう。

その繰り返しが

「生きる力をサッカーで」

に繋がります。

逃げずにチャレンジして欲しいと思います。

これからの選手達の成長が楽しみです。

ほんのちょっとしたキッカケで一気に成長します。

暖かく見守っていきたいと思います。

今回もありがとうございました。

代表 國領

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

JYUYON 14 SOCCER BLOGの最新記事8件

NO IMAGE

お問いわせはこちら

無料体験・入会・スポンサー等はお問い合わせ下さい

CTR IMG